@美白美肌トップページ > 美白にはビタミンCがやっぱり効く

なぜ、美白にビタミンCがいいのか

美容にはビタミンCを取ったほうがいいとよく言いますよね。美白にもビタミンCが効果的なのです。
最近の美白効果を謳っている化粧品などは、ほとんどビタミンCが配合されています。

なぜ、美白にビタミンCがいいのでしょうか。ビタミンCには、シミの原因であるメラニン色素を還元、抑制する、抗酸化作用があります。
紫外線を浴びるとできる活性酸素を取り除き、新陳代謝を高めてくれるのです。口から体内にいれて摂取する方法と、化粧水などを肌につける方法があります。

ビタミンCを食物から摂り入れる

野菜や果物にビタミンCは多く含まれていますが、ビタミンCは水溶性で溶けやすいので、一度に過剰に摂取しても流れてしまいます。こまめに摂り続けることが大切です。

野菜などを摂り続けるのはなかなか難しいとも思いますので、サプリメントなどを活用するのがおすすめです。

化粧水などに含まれているビタミンCは「ビタミンC誘導体」という形になっています。通常のビタミンCは非常に不安定ですので、「ビタミンC誘導体」という安定した形になっているのです。美白化粧水などの成分を確認してみてください。

体内に取り込みながら、肌にもビタミンCを使うことで、より美白効果を期待できるでしょう。

関連する記事

@美白美肌トップページ > 美白にはビタミンCがやっぱり効く