@美白美肌トップページ > サプリメントでできる美白

サプリメントでできる美白

身体の中からケアする

バランスの良い食事をとるとか、3食しっかりだとか、0時を中心に睡眠をしっかりとるとか、タバコは吸わない、ストレスをためない等、理想的な生活を語るのは簡単ですが、 実際にそれをちゃんとやるのも難しいです。

とにかく、まずは紫外線の影響をなるべく受けない対策が必要です。その上で、中からのケアが不可欠になります。

活性酸素を消去する「抗酸化物質」とは?

ビタミンC レモン

美白をめざすには「活性酸素」を完全に除去しなければなりません。実は活性酸素が、さまざまな老化現象や病気をの原因ではないかと考えられているのです。 この活性酸素がやっかいなのは、紫外線のみならず、こうして呼吸していること自体で発生してしまう物質ということです。

呼吸することで体内に取り込める酸素ですが、本来、人間が生きてゆくのになくてはならないものです。ですが、その内のほんの2%が活性酸素に変化してしまいます。活性酸素は、その激しい酸化力で、臓器や細胞を次々に攻撃しサビさせ、病気や老化の原因を作ってゆきます。

では、「肌の大敵! 活性酸素」をどう排除するのか?それには「抗酸化物質」という栄養素が必要です。

「抗酸化物質」は特別な物質かというとそうではありません。肌にビタミンCがいいとは以前から言われていますが、すなわちビタミンCのこと。このビタミンCは代表的な抗酸化物質の一つです。

そして、ビタミンCはそれ以外にもコラーゲンやエラスチンを再生するために不可欠な栄養素になります。だからビタミンCが不足すると“しわ、たるみ”が発生しやすく、肌の再生が遅れてしまうのです。

ビタミンCはコラーゲンより重要

肉料理 たんぱく質

ちなみにコラーゲンと聞くと、すぐにコラーゲン入り飲料やサプリメントを飲めばいいというのは必ずしも正しいことではありません。コラーゲンは体内で合成できる非必須アミノ酸で、体内で合成することのできない必須アミノ酸よりも、食事として摂り入れる必要性はそれほど高くありません。

口から食べたコラーゲンなどのタンパク質は、胃腸やその他消化器でアミノ酸等の低分子の物質に分解されて体内に吸収されます。その後は体のどこの部分に行ってしまうのかはわかりません。コラーゲンが肌細胞に直接到達するということは無いと考えられます。

それよりも、大豆等のたんぱく質の豊富な食事をとって、ビタミンCやEを補給するほうがずっと重要です。

その他にも代表的な抗酸化物質があります。
ビタミンE(d−α−トコフェロール)は、活性酸素から細胞膜を守る作用があります。また、ビタミンB2・B6、ナイアシン、パントテン酸は、ビタミン C・Eの抗酸化力をより高める手助けをするとともに、皮膚細胞を再生させるために不可欠な栄養素です。

また、ビオチンは「ビタミンH」。このHとは、ドイツ語の皮膚を意味するhautの頭文字をとったもの。そのぐらいに肌と密接に関係する栄養素です。ごまや赤ワインに多く含まれるポリフェノールも抗酸化物質の代表格です。 このビタミンも、ビタミンC・B群と一緒にとることがよりベターです。

抗酸化物質ポリフェノールは効果的

プロアントシアニジン サプリメント

さらに抗酸化物質の王様といわれるのが、プロアントシアニジン。
この成分はブドウ種子から抽出されるポリフェノールで、研究によるとビタミンCやEの数倍から数十倍の抗酸化力のあることがわかりました。

なぜ近年、このプロアントシアニジンが注目されるようになったのか。

欧米人は肉中心の食生活であり、普段、脂肪分の多い食べ物を食べるために動脈硬化や心臓病の人が多いのです。ところが、フランス人などの赤ワインを多く飲む国民には、これらの病気による死亡率が極めて低いという調査結果がWHO(世界保健機関)より報告されました。

さらに研究をすすめていくと、赤ワインの中に含まれるポリフェノール、つまりプロアントシアニジンの抗酸化力で活性酸素が除去されるために、これらの病気の予防につながっているということがわかりました。

本来だったらフランス人にも心臓病が多いはずなのに、逆に少ない。そこで、このことをフレンチ・パラドックスと呼ぶようになったのです。

またポリフェノールには「抗酸化作用」と共に「抗菌作用」もあり、抗酸化作用によって、細胞の老化を防止して細胞を活性化させ、若々しい肌を保つこと、「抗菌作用」によってニキビ・肌荒れを予防すること等、「美肌・美白」に利用しようという研究も盛んになってきました。ポリフェノールは、赤ワインのほか、緑茶、大豆、ソバ、などにも多く含まれています。効果的に摂取して、健やかな肌を保ちましょう。

@美白美肌トップページ > サプリメントでできる美白