@美白美肌トップページ > 美白のためにできる治療とは

医療機器による美白

美白のためにできる治療には、レーザー、内服薬、外用クリーム、点滴、ケミカルピーリング等があります。
エステサロンや美容クリニックでは、レーザー機器や光治療機器、高周波機器などの美容機器や医療機器を用いたり、注射や手術によって皮膚のトラブルを改善します。

美白のためのレーザー治療とは肌の奥、真皮層を刺激し、シミのもとになるメラニンを減少させ、肌のくすみも解消し、シミ・ニキビ等の多様な肌の悩みをケアします。特殊なカーボンローションを毛穴に塗布して照射することで、熱エネルギーがシミやくすみの原因であるメラニンにも反応し、薄いシミや肝斑、くすみに働きかけ、ワントーン明るい肌へ改善します。

外用クリームによる美白

美白のためにできる治療の中で、外用クリームとは、医療機関でしか処方できない美白の薬で、「お肌の漂白剤」といも言われる、シミ取りクリーム「ハイドロキノン」がメインです。

美白点滴(注射)とは“高濃度ビタミン点滴”で美白の助けになるビタミンの血中濃度を急激に上昇させターンオーバーを促進させます。

ケミカルピーリング治療とはグリコール酸、乳酸、サリチル酸などのピーリング剤を塗布し皮膚を一定の深さで剥離させ、古い角質を取り除くことにより皮膚の再生をうながします。結果、美白へ繋がります。

自分にあった美白方法

このように美白のための治療には様々な手法があります。しかしこれらの治療は応急処置的な美白ケアであり、理想は毎日の生活(紫外線対策、栄養を考えた食生活、正しい洗顔、質のいい睡眠)等で肌の状態を改善し、美白を実現することです。

肌の色は病気ではなく、治療と言うのが正しいかはわかりませんが、肌の色が明るくなることで、自分の気持ちも明るくなるということもあります。
自分にあった美白方法で、明るい毎日を目指しましょう。

関連する記事

@美白美肌トップページ > 美白のためにできる治療とは