@美白美肌トップページ > 美白・美肌の基礎知識

美白・美肌の基礎知識

お肌について

皮膚の断面図

▲乾燥したお肌の断面図。そのままだと、表皮がめくれあがって、肌内面の水分が蒸発しやすい状態をひきおこしてしまいます。

よく、肌は20歳を過ぎた頃から「曲がり角」などと言われ、老化が始まるとされています。しかし、肌のメカニズムをよく知り、正しいスキンケアを心がけたり、肌の健康にいい効果をもたらす食事を採ることで、実年齢より何歳も若くみえる健康な美肌を保つことができます。

皮膚は大きく分けて表皮、真皮、皮下組織の3つ層からできています。更に細かくわけると表皮は4層になっており、その一番上に位置するのが角層です。角層はさらに15〜30層にもなっている角質細胞の層になっています。ここの隙間を埋めているのが細胞間脂質で、角層の表面を被っているのが皮脂膜という膜です。

肌はおおよそ一ヶ月のサイクルで新陳代謝と言われる「肌の入れ替わり」が行われています。ターンオーバーとも言われますが、一番下の基底層というところで生まれた新しい皮膚が老朽化して剥がれる落ちるまでのサイクルがだいたい一ヶ月なのです。

健康な肌は、この新陳代謝のサイクル・リズムが一定しているのですが、ダイエットによる過度な食事制限や栄養バランスの悪い食事、時間が不規則な生活を続けていると、この一ヶ月のターンオーバー・サイクルが崩れ、新しい肌が作られないままとなり、古い角質細胞が表面に残って、透明感のないガサガサの肌になります。
食事の面からの肌の健康を考えますと、最も重要なのは栄養バランスの取れた良い食事を摂取することです。皮膚の源はタンパク質であることを忘れないでください。

脂質分や水分の不足はガサガサ肌を招きます。ダイエットを意識し過ぎた極端な「偏食」や「少食」「油抜き」は十分に注意してください。そしてビタミン補給が大切です。ビタミンは美肌作りにたいへん優れた働きをしてくれます。ビタミンAは、粘膜組織を安定させ、肌を滑らかにしてくれます。ビタミンEは、血行を良くし血管の老化を抑えて新陳代謝を活発にします。ビタミンCは、皮膚を構成するコラーゲンを補給する働きを持っています。

その上、紫外線による色素沈着を防ぎますので、シミやソバカスを予防します。その他にも、皮脂の分泌を調節して肌をなめらかにしてくれるビタミンB2や皮脂腺の働きをよくするビタミンB6があります。また、貧血から起こる顔のクスミを防ぐ鉄分も必要です。本来、毎日の食事の中から摂り入れるのが望ましいビタミン類ですが、忙しい日常の中、多種にわたるビタミンを十分な量摂取するのは難しいこともあります。そういう時は市販のビタミン剤と上手に組み合わせ摂取するのも良いでしょう。肌荒れに効果のある野菜は、小松菜、パセリ、ほうれん草、ブロッコリー、かぶ、きのこ類、しそ等があげられます。

美肌とは

赤ちゃんのお肌

究極の美肌は、なんといっても赤ちゃんのお肌です。人は、生まれたときに究極の美肌をもっています。、多くの外からの刺激をうけ、年齢を重ねると共に、お肌のキメがじょじょに粗くなっていき、普通の肌へ、さらに敏感肌・感想肌となり、荒れた肌へなっていくことがあります。なので、美肌の目標は、生まれたときの究極の肌である赤ちゃんのお肌なのです。

一番の美肌の条件は、キメが美しく細かいことです。お肌の表面には、細かくて繊細な網目状の溝があります(これを皮溝[ひこう]と呼んでいます)。この皮溝がきれいに並んでいるのが、キメが整ったお肌で、皮溝が細かく、溝が浅いお肌をキメ細かな肌といいます。スキンケアを怠ったり、ストレス、加齢など、さまざまな理由で粗くなったり、乱れたりします。だから美肌を維持するためには、毎日きちんとしたお手入れをする努力が必要になるのです。

美白とは

美しい白い肌

美白とは、呼んで字の通り、「美しい白い肌」のこと。「くすみ」や「しみ」のない真っ白で滑らかなお肌は、誰でも憧れます。美白のもとになる肌の色は、メラニン色素の量で決まります。紫外線にあたることでメラニン色素は生成されます。このメラニン色素は、有害な紫外線がお肌の奥深くまで届くのを防ぐ働きがあります。

しかし、たくさんの紫外線を浴びてしまって、メラニン色素が大量に生成されたり、お肌のターンオーバーがうまく機能していなくて、メラニン色素の排出が正しくできなくなると、お肌に残ったメラニン色素が、「くすみ」や「しみ」を生みだすのです。美白を目指す人にとって、紫外線は、「百害あって一利なし」とまで言われるほど、大敵なのです。

ターンオーバーとは

表皮にある細胞が、皮膚の奥から表面へ押し出され剥がれ落ちるまでの代謝サイクルのことを指します。

ターンオーバーは、健康な皮膚であれば通常28日間(約1ヶ月間)です。表皮の最初の細胞は基底層で発生し、性質や構造を変えながら、有棘層(ユウキョクソウ)・顆粒層へと押し上げられて角質層へたどり着き、最後は角片(アカ)となります。メラニン色素もターンオーバーによって脱落するので、夏に日焼けして色黒でも冬には元に戻ります。ところが、度重なるストレスや紫外線にさらされる時間が長くなることで、基底層の細胞が老化し、ターンオーバーが遅くなると、メラニンが皮膚の中に残ってしまいます。他にも、メイク落としが上手くできていないと、角質層が厚くなり、肌のきめが粗くなるなどのトラブルになるのでご注意ください。

@美白美肌トップページ > 美白・美肌の基礎知識

観光 スポット