@美白美肌トップページ > 美白化粧品とは?

美白化粧品とは?

美白化粧品とは

美白用化粧品

美白ブームはブームをこえ一般常識となりつつあります。美白化粧品はもちろん大人気。CMや雑誌でもすっかり定番の存在になっており、美白化粧品という言葉は多くの人が知っているのではないでしょうか。

その種類も、美白化粧水・美白美容液・美白パック・美白クリーム・美白ハンドクリーム・美白ファンデーションなど実にたくさんあります。

しかし美白化粧品の効果や存在の認識には、消費者とメーカーとの間で認識のズレがあるようです。

美白化粧品とは、大手メーカーなどの定義によると、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ、という化粧品のことをいいます。つまり、黒い肌を白くする化粧品ということではありません。

美白化粧品は、現状維持もしくは肌色を今より暗くしないことができる化粧品、ということで肌色そのものの色をかえてしまうのではないのです。

美白化粧品は、基本的には美白の維持やシミ・ソバカスの予防的に使うのが正しい使い方。紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐための化粧品なのです。

しかしながら、美白化粧品には、美白効果のある成分が配合されてるため、次のようなシミは美白化粧品でも取れる可能性があります。

・茶色っぽいシミ

・できてそれほど日にちが経っていないシミ

・はっきりと形ができていないシミ

・盛り上がっていないシミ

美白化粧品に配合されている美白成分には、いろいろな種類があります。メーカー独自に美白成分を研究していますので効果や使用方法も様々です。それぞれの特徴を知っていると、美白化粧品をより効果的に使うことができるでしょう。

美白化粧品の選び方

]

美白化粧品とは、紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐ化粧品のこと。また肌のターンオーバーを促すものもあるようです。

現代女性の美白化粧品への関心はとても高く、コスメ関連のブログでも、美白化粧品の口コミ情報が毎日のように載っています。

美白化粧品は、多くの化粧品メーカーが開発を競い合っていて、新しい美白コスメ・美白成分を次々と開発し、その種類も効果も、もちろん価格も実に様々です。

では、どのような美白化粧品を選べばいいのでしょうか。一番大事なことは、当たり前ですが美白成分が入っていること。また、使用方法・価格共に自分の使い続けられるものであること。多くの美白化粧品には「ホワイト」とついていますが、名前だけで美白成分が入っていない化粧品もありますから、どのような成分が含まれているのか購入の際にはしっかりチェックしましょう。

美白効果のある成分には以下のようなものがあります。

■シミ対策のある成分〜抗酸化作用で紫外線によるダメージを抑制する

・ビタミンCとビタミンC誘導体
・ビタミンE
・コエンザイムQ10
・ポリフェノール(緑茶・イチョウ・オウゴン・オリーブ葉・グレープシードなどのエキス)

■シミの排出を高める成分〜メラニン色素の排出を促す

・AHA(グリコール酸・クエン酸・乳酸・リンゴ酸・酒石酸など)
・レチノール(ビタミンAの一種で体内でも存在しているもの)
・フルーツリンクルプロテクトエッセンス
・酵素洗顔料

■シミをつくらない成分〜メラニン色素の合成を抑える

・プラセンタエキス(ビタミン、アミノ酸などを含む胎盤エキス)
・カミツレエキス(カミツレの花から抽出したエキス)
・アルブチン(コケモモなど植物の葉に含まれる成分)
・グラブリジン(甘草の根などから抽出したエキス)
・ビタミンC
・茶抽出液

美白化粧品を購入する際は、どのような美白成分が配合されているかよくチェックをして、自分の求める効果を考え、自分に合った化粧品を買うようにしましょう。

@美白美肌トップページ > 美白化粧品とは?

関連する記事