@美白美肌トップページ > 乾燥肌の悩み

乾燥肌の悩み

乾燥肌とは

乾燥肌の悩み

乾燥肌とはお肌の潤いが失われた状態のことで、別名ドライスキンとも呼ばれています。

乾燥肌の方は絶対的に肌の水分量が足りていない場合が多いので、しっかり保湿メインのスキンケアをする事が必要になってきます。角質層の水分を保持する力(天然保湿因子:NMF:ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクター)や蓄えた水分を逃さずバリア機能としての働きをするセラミドが充分な機能を果たせなくなるため、皮膚表面で一番肝心な保湿効果が低下していきます。

保湿効果が低下すると、外からの刺激に対する保護機能も低下し、肌荒れが進み、カサカサと荒れるだけではなく痒みを伴う場合があり、季節や状態によっては皮膚が粉を吹いたようにひどくなる場合があるので注意が必要です。

乾燥肌とアトピーについて

医師

軽い症状、重い症状と人によってまちまちのようでが、アトピーが原因の乾燥肌の方はたくさんいらっしゃると思います。

「アトピー性皮膚炎」は、体に湿疹が現れ、皮膚や粘膜に強いかゆみを伴います。病名は、1928年にアメリカ人医師「ザルツバーガー」が命名しました。以前は乳幼児に多かったですが、環境の変化により、最近では大人になってから発症する人も増えているようです。

アトピーの原因(アレルゲン)は病院で検査ができますが、いくつもの原因があったり、複雑に原因が絡み合うことも多いので、普段肌に触れる洗濯洗剤や入浴剤にも気を使うようです。何がアレルギーの原因になっているか分からない場合は、食品も気になります。

アトピー、乾燥肌の予防にはスキンケアも重要です。サンプルの化粧品などをお試しで使ってみるのも良いかもしれません。ただ皮膚科などに通っている人は、使う前に医師に相談したほうが良いかもしれませんね。薬との副作用で、症状が悪化する可能性もありますから。アトピーの人は、乾燥肌だと痒みが強くでますのでこれからの時期は辛い時期だと思います。

体の内側から乾燥肌を予防しよう

乾燥肌に効果的

乾燥肌の人におすすめしたいのは、無添加の食べ物です。コンビニ弁当、ファーストフードはもってのほか!時間がないのは分かりますが、乾燥肌改善には、昔ながらの日本食が一番最適なのです。手間はかかりますが、栄養バランスの取れた食事が必須です。

乾燥肌の原因の一つに、食生活の乱れがあります。不規則な時間にカロリー過多の食事を取り続けていれば、健康な人でも肌の潤いがなくなり、かゆみが出てきてしまいます。クリームや化粧品を気にするよりも、まずは体の内側から対策を取らないといけません。

現代の最新医学では、「体の冷えが、あらゆる病気の根源である」と言われています。今の時代は冷蔵庫などの発達により、生野菜やジュースやアイスクリームなど、胃腸を冷やす食べ物を取るようになりました。

その結果、胃腸の活動を鈍らせ、乾燥肌をはじめあらゆる体調不良を誘発しているのだそうです。ぜひ一度、あなたの基礎体温を測ってみてください。体温の低下が、一番の乾燥肌になる原因かもしれません。

かゆみに効く入浴剤で乾燥肌を予防しよう

入浴

乾燥肌対策には半身浴が効果的です。ゲルマニウムやカプサイシン入りの入浴剤を使うのもいいでしょう。身体を温めじっくり汗をかくこと。本を読んだり音楽を聴きながら、半身浴を楽しむ人が増えています。乾燥肌だけでなく、新陳代謝を活発にすることにより、ダイエット効果もあります。

赤ちゃんの乾燥肌改善のためには、肌に優しい入浴剤を使わなければなりません。シャンプーやボディーソープなども、保湿成分が高く低刺激のものをおすすめします。乾燥肌、敏感肌には「薬用」や「ハーブ」等と書かれていても、刺激が強すぎると、逆にかゆみを誘発する危険があります。

冬の特に乾燥する時期などは、入浴剤を使ってじっくり汗をかくのが一番です。体の内側まで温めることで、血行が促進され、肌にも潤いが戻ってきます。すぐに乾燥肌に効果が出ないので、数ヶ月続けることが大切です。

たまには温泉に行って、広いお風呂でくつろぐもよし。気分を変えて、岩盤浴に行ってもよし。楽しくリラックスすることも、体全体の健康のためにはとても大切なことです。ぜひ薬やサプリメントに頼ることなく、毎日の生活習慣やスキンケアを見直してください。

@美白美肌トップページ > 乾燥肌の悩み

有料老人ホーム