@美白美肌トップページ > 医薬品で内側からも美白を目指す

美白に効果のある医薬品とは

化粧水や美容液で美白を目指すのはもちろんですが、体の中から美白をすることもできます。
美白にするための医薬品の内服薬というものが発売されているのをご存知でしょうか。有名なものをいくつかご紹介します。

美白効果の高い医薬品をご紹介

「トランシーノ」
「肝斑」という種類のシミに効果があり、8週間飲み続けることで効果が実感できるようです。こちらは第一類医薬品となりますので、薬剤師のいるドラッグストアで購入ができます。効き目が良い分副作用もあるようなので、よく薬剤師の方から説明を聞くようにしましょう。

「チョコラBBルーセントC」
チョコラBBのシリーズで、シミに効果のある成分が入っています。ビタミンC、L-システイン、ビタミンB2・B6、ビタミンEが入っており、肌のターンオーバーを促しメラニンを無色化、排出、する作用があります。

「ハイチオールCプラス」
この商品も肌のターンオーバーを促してメラニンを無色化・排出する成分が入っています。

美白のためには続けることが大切

肌は3ヶ月で生まれ変わると言われており、効果が実感できるのも3ヶ月後となりますので、毎日服用を続けることが大切です。普段の肌のお手入れにプラスして、このような医薬品の内服薬を服用することで、より美白な美肌を目指すことができます。

関連する記事

@美白美肌トップページ > 医薬品で内側からも美白を目指す