@美白美肌トップページ > 皮膚科でしかできない美白ケア

皮膚科でしかできない美白ケア(1)レーザー

日頃の自宅での美白ケアも大切ですが、専門の皮膚科でしかできない美白ケアもあるのです。

皮膚科でできる美白対策としては、レーザー治療・美白点滴・イオン導入・フォトフェイシャルなどがあります。
レーザーは、名前の通りレーザーをシミやソバカスの部分に照射して、メラニンの色素を消す方法です。個人差はありますが、輪ゴムではじかれた程度の痛みを感じるそうです。

皮膚科でしかできない美白ケア(2)美白点滴

美白点滴は、プラセンタ・ミネラル・酸素・ビタミンCなど、肌に良い成分を直接血管に入れます。高濃度の成分がそのまま体をめぐるため、効果が期待できます。1回約20分の点滴で済むそうです。

イオン導入は、微弱電流を肌に当て、皮膚のバリアを弱めて、薬剤を肌の奥まで浸透させる方法です。痛みはほとんどなく、直接肌に浸透させるため、効果を実感しやすいそうです。

フォトフェイシャルは、IPLという弱い光を肌に当て、メラニン色素を分解する方法です。メラニン色素を減らすと同時に。コラーゲンを増生します。肌への負担はほとんどかかりません。

より専門的な美白ケアを

今ご紹介したケアはどれも自宅では決してできるものではありません。専門の皮膚科に行き、より本格的な美白ケアを目指してください。

関連する記事

@美白美肌トップページ > 皮膚科でしかできない美白ケア