@美白美肌トップページ > 美白・美肌になれない原因

美白・美肌になれない原因

原因 1 紫外線はお肌の敵

紫外線対策

紫外線は、日やけ、シミ・ソバカスの原因として有名ですが、その他にも、肌の老化を早める要因として、皮膚にとって悪影響を及ぼす存在と考えられています。また、最近の研究では、体全体の免疫力を低下させることもわかってきています。

紫外線には、「レジャー紫外線」と呼ばれるUV-Bと、「生活紫外線」と呼ばれるUV-A、二つの種類があります。海水浴やスキー、ゴルフなどのアウトドアスポーツやレジャーシーンの日やけの主な原因となるのがUV-B。ほとんどが大気層で吸収されますが、一部は地表へ到達し、皮膚や眼に有害で肌の表面に急激に作用して赤みや炎症を引き起こしたり、シミやソバカス、乾燥の原因にもなります。

一方、波長が長く、雲や霧、窓ガラスを通過し、シミやソバカスだけでなく、しわなどの原因にもなるのがUV-A。肌の内側の深い部分にダメージを与えるのが特徴です。窓ガラスや雲を通り抜けるので日常生活で知らずしらずのうちに浴び続けるうちに、肌へのダメージが少しずつ蓄積されてしまいます。

敏感肌は、バリア機能が低下した状態なので、紫外線の影響をダイレクトに受けやすくなっています。赤みやほてり、肌あれ・・・。中には少しの紫外線にも反応してかゆみや湿疹ができやすい方もいらっしゃいます。俗にいう日光アレルギーというものです。

シミやソバカスも気になる悩みですが、その他の思わぬ肌トラブルにも充分注意したいですね。UV-Aは年間を通じて、夏場などの日差しが強い季節だけでなく、冬場や曇りの日も降り注いでいます。毎日のこまめな紫外線対策は、シミ・ソバカスを増やさないだけでなく、デリケートな肌をトラブルからも守ってくれます。

原因 2 睡眠不足

睡眠

いくら栄養素をきちんと摂っても、それを活用する体が健康でなくては、その効力を発揮してくれません。 お肌にとって最大の敵は「睡眠不足」「ストレス」」です。 午後10時から午前2時はシンデレラ・タイムと言われるがお肌の新陳代謝が最も活発に行われている時間です。

この時間に質のよい睡眠をしていることが一番の理想なのですが、なかなか難しいことでしょう。 睡眠は、寝入ってから90分ほどの間に深い睡眠(ノンレム睡眠)が訪れ、それから約90分間隔で深い眠りと、脳は覚醒に近い浅い眠り(レム睡眠)を繰り返します。肌の新陳代謝や再生が活発に行われるのは、眠りに落ちてからすぐのこの深い眠りの間で、大人であっても成長ホルモンが多く分泌されるのです。

睡眠時間が短くなりがちな方は、お化粧を落としてリラックスしたり、安らぐ音楽をかけたり、香りによるリラクゼーション等で、心身ともリラックスした状態で、この深い眠りをきちんと得られるように眠りにつくことも大切です。

原因 3 春の嵐はお肌の敵

春の嵐

例年2月から3月の半ばに吹く春一番、穏やかな陽気の中でも比較的強い風の吹く日があります。

例年この3月頃から春いっぱい、イヤな人にとっては非常につらい花粉が吹き荒れる時期でもあります。この風に乗って飛んでくる、目には見えない埃、塵、そして花粉。これらはお肌にとって、決して無視できない存在でもあります。

肌の問題とは別に、鼻炎、くしゃみ、目のかゆみ等でスーパーヒーローになっているのが花粉です。これらの中でも特に話題性の高い“問題児”がスギ花粉です。実はこの花粉君、お肌にも悪い影響を与えているようです。

いわゆる花粉症は、アレルギー反応(Ⅰ型アレルギー)により起こり、花粉が抗原となって鼻粘膜に付着すると即効的にくしゃみ等の症状を引き起こします。また、お肌に対しても皮膚の上でアレルギー反応(Ⅳ型アレルギー)によると思われる反応を示すことがあり、お肌に炎症を来す恐れが考えられます。

そのため、春になると花粉が原因で顔が赤くなってしまう人がいるようです。肌がかゆいので無意識に掻きむしってしまい肌に炎症を起こしてしまうというような、物理的な原因もあるかもしれません。このお肌に対する反応は、ごく一部の人に対する反応かも知れませんが、国民病になりつつある花粉症の増加を考えると無視できない現象でもあります。

これに対する対策としては、当然ですが洗顔により花粉等の“ゴミ”を除去すれば良いのです。この行為は皮膚に対する花粉アレルギー(Ⅳ型アレルギー)の予防にもつながりますので、スキンケアの一環として励行するのも良いでしょう。

しかし洗顔により花粉を皮膚から除去しても、アレルギーのタイプの違う鼻炎等の花粉症の予防には直接関係はありませんのでくれぐれもお間違いのないよう。

原因 4 栄養のバランスがとれていない食事

栄養のバランス食事

栄養バランスがとれていない食事は、からだに悪いだけでなく、お肌の健康バランスにも悪影響を及ぼします。

すべすべの肌や美肌を保つには、まず、ビタミンAやCなどを含んだ食品が不可欠です。
ビタミンCやEは、シミ・そばかすの予防にもよいと言われています。

「サラダやくだものを食べていれば十分」と思っていませんか? 体内でビタミンAに変わるベータ・カロチンは油分といっしょでなければ吸収されにくもの。また、ビタミンEは動物性食品にも多く含まれています。

原因 5 ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの関係

女性の美肌を体内から考える場合、避けて通れないのが生理とホルモンの関係です。女性には基本的には月に一度生理があり、それに伴ってホルモンも変化していきます。

1ヶ月の中でもホルモンバランスは大きく変化しますが、初潮から閉経までの間に少しずつ変化していき、妊娠や出産のときは大変大きく変わっていきます。これらのホルモンの変化によって、もちろん肌も大きく影響を受けます。

そのため、正しいスキンケアで美肌を保つには、この生理とホルモンの関係を知り、自分が現在どのような状態にあるのかを理解し、それに合ったスキンケアを施す必要があります。

@美白美肌トップページ > 美白・美肌になれない原因

関連する記事