@美白美肌トップページ > 美白・美肌のための化粧水・ファンデーション

美白・美肌のための化粧水・ファンデーション

美白・美肌のための化粧水

化粧水をつける

化粧水とは、『皮膚の状態を整え、保湿する化粧液』とされ、主に化粧前や洗顔後の肌に使用されたり、日焼け後のケアに使用されたりしています。 これに美白効果をプラスした美白化粧水が世間で一定の需要を生んでいるようです。

美白化粧品と言うからには肌全体を白くする効果(日焼けなどによる黒ずみや黄ずみを改善する)ももちろんありますが、特に気になるのは、シミを消すという効果が期待できるというところです。
まだシミができていない方も、そろそろシミが気になりだした方も、強い紫外線を浴びて日焼けしてしまった方、長年紫外線を浴び続けてしまった方にも美白化粧水を使った毎日のスキンケアはお勧めです。

美白化粧水は、ビタミンC、ビタミンC誘導体、ビタミンE、アルブチン、ルシノールなどが、保湿成分とともに含まれているものを選びましょう。
そして、美白化粧水を使う前の洗顔も大切で、きれいに汚れを落とし、美白化粧品の成分を受け入れやすい状態にしておくことも重要と言えます。
美白成分を含んだ洗顔料とともに使用することで美白効果もアップすると言えるでしょう。

美白化粧水の成分と効果

美白化粧品の成分として、大きく分けて3種類の成分をあげることができます。

美白化粧水の3大効果 「紫外線の影響を抑える成分」「メラニン色素の合成を抑える成分」「メラニン色素を排出させる成分」

美白化粧水の主な効果としては、『メラニン色素の生成を抑える』『メラニンの排出を促す』があげられます。
よって、美白化粧水の効果を得るためには、この2つの効果が得られる成分を含んだ美白化粧水を選ぶとよいでしょう。

「メラニン色素の生成を抑える成分」
ビタミンC、ビタミンC誘導体、アルブチン、ルシノール、コウジ酸、エラグ酸、茶抽出液

「メラニンの排出を促す」

レチノール、酵母エキス、4MSK 、プラセンタエキス

これらの美白化粧水効果と、本来の化粧水としての「皮膚の状態を整え、保湿する」効果とをうまく組み合わせ、毎日のスキンケアに取り入れたらよいでしょう。

"1日中強い紫外線を浴びて日焼けしてしまった"といった場合には『メラニンの排出を促す成分』、"シミはまだできていないんだけど毎日のスキンケアで"といった場合には『メラニン色素の合成を抑える成分』を取り入れたらよいでしょう。

美白・美肌のためのファンデーション

ファンデーションには主に2タイプあります。
自分の肌質や好みに合わせて選びますが、その日の状況やTPOに合わせて組み合わせて使いましょう。

リキッドファンデーションとパウダーファンデーション
■崩れにくい陶器のような肌メイク

ファンデーションは、リキッドタイプやそれに近いタイプのものを選ぶと、肌への定着もよくよりマットで透明感のある陶器のような仕上がりになります。肌トラブルなどで不安のある方は、クリームタイプを使うと良さそうです。

■ニキビ・吹き出物が気になる人のファンデーション選び

お肌全面にリキッドファンデーションなどで膜を張ってしまうと、ターンオーバーがうまくいかずに吹き出物が出やすくなります。肌もベタつきやすいので、皮脂が多いタイプには化粧崩れの原因となります。その点、粉状のパウダーファンデーションは、もちろん乳化剤は含みませんし、防腐剤などあまり入っておらず、粉が余分な皮脂をとってくれるので、美しいさらさらの肌を目指せます。
・商品力を確かめて「べたつかない」「ニキビ用」リキッドファンデーションを選ぶ。
・パウダーファンデーション+コンシーラーのW使い。

パウダーファンデーションはリキッドファンデーションに比べて、カバー力が劣るため、シミやソバカスなどが気になる人はどうしてもパウダーでは満足できません。
これが気になる人は、カバー力の高いコンシーラーを部分的に使ってシミや気になるポイントを隠す事で解消されます。

■乾燥肌や小ジワが気になる人のファンデーション選び

ファンデーションで隠せるのはシミやくすみ、クマや色ムラ等です。

しかし、シワは難しいです。シワは溝(みぞ)になってしまっているものですから。誤字は修正液で消せるけど、シワを埋める事は至難の業です。それでも出来てしまったものは仕方がありません。

善処するのみ!じゃあどうすればいい?!出来てしまったシワはお化粧で隠せないけれど、スキンケアもできるファンデーションというものがあります。メイク中の乾燥を防ぎ、日常的にシワができにくい状態をつくります。

ファンデーションの使用方法

1 最初の保湿ケアでお肌に水分をしっかり入れてから、
2 肌に優しいリキッドファンデか、クリームタイプファンデーションでカバー。
3 ファンデーションでヨレない工夫→小じわ周辺は粉状ファンデーションを避けてのせる

■ファンデーションは帰宅したらすぐに落しましょう

ファンデーションは長時間、肌の上にのせていると皮脂分泌が増加し、参加してゆきます。参加したファンデーションは肌に悪影響です。気をつけましょう。次第に過酸化脂質になり肌荒れの原因となってしまいます。

@美白美肌トップページ > 美白・美肌のための化粧水・ファンデーション

ネットリサーチ