@美白美肌トップページ > 輝く美白にはフェイスパウダーが不可欠

フェイスパウダーとは

普段のベースメイクの最後に使うアイテムというと何を思い浮かべるでしょうか。フェイスパウダーは昔はおしろいと言われていた、コスメティック化粧品です。一般的にはリキッドファンデーションを使用した後に、顔全体に薄く乗せます。フェイスパウダーは、皮脂や汗を吸着させて、化粧崩れを防ぐ役割があります。多くが白~ベージュの色ですので、すっと透明感がでます。美白ということですね。つけ過ぎは肌が粉っぽくなりますので、逆効果です。

m-トラネキサム酸配合の美白フェイスパウダー

そんな美白アイテムといってもいいフェイスパウダーですが資生堂から、美白有効成分〝m-トラネキサム酸〟配合の薬用美白フェースパウダーが夏季限定で登場したそうなので、ついつい調べてみました。

このフェイスパウダーは、メイクの最後にのせるのではなく、朝晩のスキンケアの最後に塗布するそうです。夏のべたつく肌をさらりとさせ、いいかもしれません。m-トラネキサム酸は資生堂が特許の取得をした美白成分で、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ効能があるそうです。

フェイスパウダーでできること

このように、フェイスパウダーは見た目も肌のキメを細かくみせ、微粒子や偏光パール等で肌を白く美しく見せてくれる上に、ファンデーションほど重くなく、また成分によってはつけているだけで素肌の美白も促してくれる、とても優秀なアイテムです。

プチプラと言われる安価なコスメメーカーからも、高級コスメメーカーからも様々なフェイスパウダーが出ています。
例えば、高級コスメの代表シャネルのフェイスパウダーは7種類もあります。カネボウからはSPF16の機能的なUVフェースパウダーが商品化されています。

今までメイクはファンデーションまで、日常のスキンケアも乳液や美容液で終わらせていた方も、美白を意識するならばフェイスパウダーを使用してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

@美白美肌トップページ > 輝く美白にはフェイスパウダーが不可欠