@美白美肌トップページ > 美白を作るには栄養素から考えて摂取しましょう

美白をつくる栄養素

美白は日本人女性の永遠の憧れであり悩みです。美白をつくる栄養素には、以下のようなものがあります。

ビタミンC:シミ・そばかすの原因にもなるメラニンの生成を還元したり抑制する作用がある栄養素です。ビタミンCは食物やサプリメントから体内に取り込む方法と、美白化粧水や美白美容液で肌につける方法があります。野菜や果物にはビタミンCが多く含まれている食材がたくさんあります。しかし熱処理に弱く、水溶性で溶けやすいので、一度に大量に摂取しても過剰分は流れ出てしまいます。

ビタミンP:ビタミンPはビタミンCを熱から守ってくれるので、加熱してもビタミンCが壊れてしまうことがありません。これによるビタミンCのメラニン生成抑制効果から美白が期待出来る栄養素と言えるでしょう。

一緒に摂取したい栄養素

β-カロテン:最初に紫外線を浴びた時に、表皮で紫外線によって生まれる活性酸素の一種「一重項酸素」と戦う栄養素です。ビタミンE:抗酸化作用を持ち、肌のターンオーバーを促し、自然治癒力を高める栄養素です。ビタミンCと一緒に摂ると美白に効果的です。

L-システイン:アミノ酸の一種で、シミの原因となるメラニンの過剰な生成を抑制して、美白を促します。さらにできてしまったメラニンを排泄させる働きがあり、シミを作らないよう働きかける効果を持ちます。

このように、代表的なものを上げただけでも、美白に関する栄養素はたくさんあります。しかしただ闇雲に摂取するだけでは美白を実現できません。
例えばL-システインは1日に摂取する目安としては1日500mg。ビタミンB6とビタミンCが必要になるので一緒に摂取するようにします。このように、毎日の食生活の質を向上させることを意識し、必要な栄養素を必要なタイミングで摂り入れることが、美白には重要です。

関連する記事

@美白美肌トップページ > 美白を作るには栄養素から考えて摂取しましょう